経営に関するサービス内容

  • TOP
  • 事務所案内
  • 介護事業とは
  • 経営に関するサービス内容
  • 経理に関するサービス内容
  • 労務に関するサービス内容
  • お客様の声
TOP > 経営に関するサービス内容

事業計画策定支援

介護保険制度は常に見直され、介護報酬が3年ごとに改定される際に、介護事業経営に大きな影響を与えます。
そのため、制度改正を見越して事業計画を策定し、適正な人員配置や設備投資を行っていきましょう。

介護収入増加支援

介護収入を増やすには、収入を分解して考える必要があります。
一般事業会社で用いられる下の算式に当てはめて、各要素の増加を図っていきましょう。

 売上高=利用者人数×1回当たり単価×利用回数

介護報酬は制度で決められており、利用者人数と利用回数を増加させるための施策を一緒に考えましょう。

人事制度コンサル

介護事業の最大の経営資源は人です。経営者の介護事業への思いを理解した従業員を育て、サービスの品質を向上させることで、利用者様の満足度を上げ、ひいては事業基盤の強化に繋がるのではないでしょうか。そのための人事制度構築などをお手伝い致します。

資金繰り対策

介護事業では、売上の入金サイクルが長く、人員基準に従い一定の雇用が必要になるため、特に開業時は資金繰りが苦しくなり、融資を検討するケースが多いです。よく利用されるのが日本政策金融公庫と信用保証協会ですが、融資を受けるためには資料作りが必要になり、そのお手伝いをいたします。

創業支援

介護事業を開業するためには原則として法人でなければなりませんので、会社設立業務や、すでに開業している会社で介護事業を開始したい場合は定款の目的の変更などが必要になります。その上で、介護事業の指定を都道府県や市町村から指定を受けます。当事務所ではこれら創業支援業務を承ります。

介護事業は高齢化社会に伴って、最も安定的に市場が拡大する事業で、しかも顧客から感謝され働きがいが体感出来る事業です。
ところが、介護保険財政の悪化を背景に、介護報酬の引き下げや介護サービスの縮小などが議論されるなど、介護経営のかじ取りを誤ると、大変なことになります。
坂田公認会計士事務所は、介護行政の動向を十分に踏まえた上で、介護事業者様と一緒に介護経営を考えていきます。

このページのトップへ