経理に関するサービス内容

  • TOP
  • 事務所案内
  • 介護事業とは
  • 経営に関するサービス内容
  • 経理に関するサービス内容
  • 労務に関するサービス内容
  • お客様の声
TOP > 経理に関するサービス内容

経理業務のアウトソーシング

介護事業は原則として法人形態であるため、経理処理が複雑になります。お忙しい経営者が経理処理に貴重な時間を割いていては、事業の発展に支障を来しかねません。また、専任者を置くほどの業務量ではない場合もあります。私どもに経理業務をお任せ下さい。

会計で介護事業所経営を強くする

介護事業は利用者様の動向により業績が大きく変動するため、決算を締めてみて初めて損益が分かるようでは心もとないです。月次から業績を把握して、介護事業者様の意思決定に役立つ会計を実践してみませんか。また、節税策は業績を十分に把握した上で実施したものでなければなりません。

介護事業特有の経理

福祉を目的とする介護事業には、一般事業では認められない税制上の優遇措置があります。介護業界に詳しい私どもが適切なアドバイスを行うことで、不要な税金を抑えます。また、介護報酬は保険からの入金が2か月後になるため、決算における2か月分の介護報酬の未収計上が必要になるなど、介護事業特有の経理処理に注意が必要です。

介護事業所の経理指導

介護保険制度におけるサービスについて消費税は非課税です。あくまで利用者の選定に基づき提供されるサービスで判断するため、要介護者の介護保険の利用限度額を超えたことで消費税が課税されることはありません。 また介護事業では、そのサービス利用者に対して、医療費控除などに備えて明細付の領収書を発行する義務があります。

複数種類の介護事業を行う場合の経理区分について

複数種類の介護給付事業を行う場合は、各給付事業毎に損益を区分して報告する必要があります。その区分経理を最初に適切に行うことで、決算での手間を省けるよう、ご指導いたします。

介護という公的制度事業を担っている介護事業は、一般事業に比べて規制が多く、また、収入の大半が介護保険への請求となるため、厳格で特有な経理処理が要求されます。
坂田公認会計士事務所は、介護事業特有の経理や税法に精通しており、介護事業者様に適切なご指導や経理業務委託を提供します。その上で、決算税務申告及び節税を行っていきます。

このページのトップへ